桜餅に恋をして        『ホゥ...』


by maru_kyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

単路

北大阪は茨木市と箕面市の境界付近の田園地帯でのヒトコマ。
a0003032_019128.jpg

画面奥の方で道路を跨ぐ物体、何だかわかりますか?










答えは、こちら。
a0003032_0201085.jpg

建設中のモノレイル橋脚なんです。


大阪には、現在営業中の大阪モノレールと言う路線があります。
門真市~大阪空港を結ぶ路線で、営業キロ数でギネスにも認定されています。
乗るか乗らないかはともかく、この辺は大阪府民(特に北部では)に認識度が高いのです。
a0003032_0244899.gif


それから、そこから伸びる短い枝線 万博記念公園~阪大病院前があります。
これは、ソコソコの人が知ってます。

そして、今回投稿したのは、その枝線のそのまた延伸工事と言うことで、
よっぽど地元の人でもなけりゃ知りません。


建設中とは言え、あたりはただの山ですよ。
a0003032_0284176.jpg

実は、向こうに見える住宅地こそこのモノレイルの理由でして。

この果てしないかのような橋脚の先には、
大阪府、茨木市や近隣自治体、旧三井銀行、阪急電鉄、そして公団が
北摂山間部に大々的に展開しようとしている新興住宅街「彩都」があるのです。

ニーズやヴィジョンがあれば、山間部の住宅開発が悪いとは言いませんが、
基本計画は何とmaruが生まれるより前に制定されたものをほぼそのままに
開発するって言うんですから、『?』って思わない方が不思議です。
経済成長と人口増加を大前提に作られた計画。
当時の平均家庭には、黒いダイヤル電話があって、
カラーテレビの普及率は50%未満、エアコンや電子レンジなどは
ごく一部の上流家庭にしかなかった時代なのに。
『治水と生活用水』を題目にした時代遅れのダム建設や、
高槻-有馬構造線に属する活断層上に策定された住宅地。
時代錯誤としか言いようがないと思うんですが。
『社会派maru』!?いえいえ、単なる郷土愛です。

30年以上前にこの計画が策定された時点で、一攫千金を狙ってあたりの土地を
買い占めた旧三井銀行、阪急電鉄の両者ですが...
府は、あたり一体を『市街化調整区域』として塩漬けしたまま手付かずの30年、
旧三井銀行の方は、金融不況のこの時代、やっとの開発開始を目前に
もはや耐え切れず、土地を府の3セクや公団に売却、結局コゼニを稼いだだけ。

残った阪急電鉄も本業ジリ貧で、この住宅地の大動脈となるハズの
モノレイルの完成を待てずに2年ほど前から宅地の分譲を開始、
焦った売り方にかえって安売感を漂わせてしまってます。

a0003032_0422634.jpg

a0003032_0424458.jpg

『牧歌的』ととるか、『退廃的』と取るか、この風景。
ねぇ。
[PR]
by maru_kyo | 2005-05-06 00:46 | マルの...