桜餅に恋をして        『ホゥ...』


by maru_kyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

鯨クイズの正解は...

ついでについでに

前回の問題をおさらいします。

Q:次のうち、鯨と深いかかわりがあるものはどれでしょう?

1、香水

2、口紅

3、下着

そして、正解は...

1、香水です。

りりこさんが正解ですね!!

ではでは、解説。

香水の原料になったり、焚香に使用される『龍涎香』という香料があります。
中国・日本を始めとした東アジアでは何千年も以前より使用されている
かなりポピュラーな香料なんですが、これの正体が、
マッコウクジラのオスの体内に溜まっている腸内結石なんです。

a0003032_02532.jpg

(写真は乾燥させた龍涎香)

とは言え、未だにその成分に関しては謎も多いのですが、
定説では、マッコウクジラが好んで食するイカ(1日に200kg~500kg程度)の
口吻(クチバシ)の部分が、クジラの体内で消化されずに
溜まりに溜まって結石化したものだといわれています。

近現代では、捕鯨によって直接的に採取されていますが、
それ以前には、むしろそのような方法は珍しく、
浜に打ち上げられているのを、たまたま拾うと言うのがほとんどでした。

これは、クジラも人間同様に、春になると新陳代謝が活発化し、
腸内の蠕動運動も激しくなり、体外に排出された『龍涎香』が
海流に乗ってプカプカ水面を漂い(脂分などが多く比重が軽い)、
やがて、中国南部や日本などの海岸にたどり着いていたのです。

そこで、その由来を知らないはるか昔の華人たちが
『龍の涎(ヨダレ)の塊』と称して、香料にしていたのです。
ちなみに、当時はこれを見つけると一生暮らせたといい、
現在でも、良質の数キログラムクラスのものなら
数百万円はするそうです。

また、マッコウクジラの自身にも、その成分はかなり浸透しているらしく、
その身体からよい香りがするということで
『抹香のような匂いのする鯨』→『抹香鯨』と呼ばれるようになったのです。

※補足
ちなみに、鯨の肝油は冷たい深海に潜ることの出来る鯨の適性のためか、
非常に融点が低く、常温ではドロリとした液体の状態であることから
口紅などの工業品に転用されることはあまりないそうです。
[PR]
by maru_kyo | 2004-05-24 00:24 | マルの...