桜餅に恋をして        『ホゥ...』


by maru_kyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:walk! maru walk!( 9 )

6/19 山ノ辺の道より②

先日の山ノ辺の道での写真、第2弾です。

天理駅をスタートして、約30分。
最初に訪れたのがコチラ、石上神宮(いそのかみじんぐう)です。

大和の豪族 物部氏ゆかりの延喜式内社です。
禁足地から明治時代に出土した国宝 七支刀など、教科書でもなじみですね。

拝殿<国宝>
a0003032_21592091.jpg

平安時代 白河天皇の頃の創建と伝えられ、この拝殿は京都 宇治の宇治上神社と並んで国内最古の神社建築です。


楼門<重文>
a0003032_21593471.jpg

鎌倉末期の建築です。縦に長いシルエットが特徴的な入母屋造、檜皮葺の楼門です。
扁額は明治の元老 山県有朋の著です。


摂社出雲建雄神社拝殿<国宝>
a0003032_21595395.jpg

元は永久寺の神宮寺であった建物を大正年間に移築したものです。
平安末期の建築と伝えられますが、拝割殿という中央1間を通路にした変わった形式が特徴です。素木を使用した非常に簡素な造りが魅力です。



a0003032_2203494.jpg

なぜか、神宮内には尾長の鶏 東天紅がウロウロしています。
たぶん、神様の使いだったりするのでしょう。


以上、石上神宮でした。

****************************

今日の歩数:15,505歩(powered by Pocket Pikachu)
[PR]
by maru_kyo | 2005-06-23 22:20 | walk! maru walk!

6/19 山ノ辺の道より①

先日の山ノ辺の道ウォークで見つけた紫陽花です。


a0003032_2393125.jpg

a0003032_2310103.jpg

これは石上神宮境内の紫陽花です。
木陰に濃い藍の紫陽花が印象的でした。


a0003032_23103964.jpg

こちらは長岳寺境内で見つけた紫陽花です。
強い日差しに似合いました。


みなさんも紫陽花スキでしょ?


今日の歩数:17,908歩(powered by Pocket Pikachu)
[PR]
by maru_kyo | 2005-06-21 23:13 | walk! maru walk!
今週末 金曜日は、またもや職場の歓送迎会です。
なんせ、大所帯なものですから。
そんなことで、また宴会芸のシコミ中です。
maruって、本業なんだっけ?

さて、そんなことはともかく、
今夜は、帰宅後に福王子神社まで片道約3kmのトレックを行ないました。
夜遅くからだったので、距離は控えめです。
往路はウォーキング30分、復路はジョギング15分でした。
ジョッグは、4分/kmは行けると思っていたんですが...

ともあれ、イイ汗かきました。

今日の歩数:17,997歩(powered by Pocket Pikachu)
[PR]
by maru_kyo | 2005-06-13 23:41 | walk! maru walk!

ハッケン!

先日レポした、『京都ツーデイマーチ』

実は、マルのほかにも同じコースに参加していた方がいらっしゃったのです。
ララの雑多な日常さんです。

ウォーキングマニアのおじさんたちしかいないと思っていたあの場所に、
ブロガーさんがいたなんて、うれしいです。

とりあえず、いまだご本人とメッセージ交換も出来ていないうちから、
ご紹介させていただきました。

あ、でも一個だけごめんなさい。
マルはGAMBAファンです。

**********************
さらに、もう一軒!
限りなくマルのご近所的なブロガーさんをハッケンしました。
PERFUME for LIFE!~私の京都生活~
さんです。

こちらも至って無許可でのご紹介です。
ご本人様、ごめんなさい。
でも、ほんと~~~~~に、ご近所さんですよ。
おそらく。
[PR]
by maru_kyo | 2004-09-26 22:39 | walk! maru walk!
第3回 おこしやす京都ツーデーマーチ に参加、
つまり歩いてきました。

まぁ、『ツーデイマーチに参加』言うても、
マルが参加するのはそのうちの二日目だけなんですけどね。

コースは10km・20km・40kmの3コース設定されています。
もちろん!マルが参加する(歩く)のは最長の40kmコースです!!
そのコースは以下の通りです。
a0003032_23453789.jpg

a0003032_23451453.jpg

紺色(黒にも見えるが)ラインが40キロメートルコースです。

今朝7:00に『西京極アクアアリーナ』横の競技場が集合場所&スタート地点です。
a0003032_2346464.jpg

7:33(スタート直後)
勤め先のレクリエーションとして斡旋された企画なので、
『会社の誰かがいるだろう...』と思っていたのですが、皆無!!
周りは日本各地から来た本職のウォーキング好きの方々。
(見たところ 平均年齢50歳以上!!)
とりあえず、式典も終りスタートしました。

コースは、まず桂川沿いのウォーキングロードに進みます。
a0003032_23461935.jpg

7:43(スタート後:10分)
...が、失策!
『コース把握してへんし、最後尾から着いていこう』と思ったのが大失敗。
完全な渋滞になってしまい、自分のポジションを全く変更できない!!
しかも、本職さんたちのペースは意外に早い!
自分でペースを作れず、ウォーキングに慣れていないマルは、
一人で汗をかいて息が上がってしまいました。
『40kmはムリやな...』と、早くも後悔。

五条通(国道9号線)の鉄橋をくぐると、
日曜日の早朝ということで、桂川河川敷では草野球真っ盛り。
a0003032_23465538.jpg

7:58(スタート後:25分)
この辺りでスタートしてから2・3kmくらいでしょうか。
ようやくいわゆる『セカンドウィンド状態』となって、呼吸的にも運動的にも楽になってマルのペースが上がってきました。

河川敷ではさまざまな野菜や植物が植えられていました。
a0003032_23471945.jpg

8:06(スタート後:33分)
栗の実がはじけて落ちたところを鳥がつついたのでしょうか?

阪急電車、国道、JR、新幹線、名神高速と色んな橋をくぐり、
8キロメートルほど南下しました。
a0003032_23473979.jpg

8:48(スタート後:1時間15分)
ここで長らく一緒だった桂川を離れます。

名神南ICの近く、鴨川に架かる小枝橋の袂に小さな石碑があります。
『鳥羽伏見戦跡』
a0003032_23481028.jpg

8:58(スタート後:1時間25分)
薩摩を中心とする維新派軍(官軍)と幕府軍の戦端がひらかれた地点です。
ここから戊辰戦争という国内戦争が始まったのです。

そのすぐ横が『鳥羽離宮跡公園』です。
この公園内にも戊辰戦争の碑が建ちます。
a0003032_23482512.jpg

9:01(スタート後:1時間28分)
ここが第1チェックポイントです。
スタンプを押してもらい、ペットお茶をもらってそのまま再スタートしました。

住宅街を通り抜け、国道1号線を渡ります。
a0003032_23483917.jpg

9:04(スタート後:1時間31分)
このあたりは国道やバイパス、京都市内でも最も交通量の多い地帯です。
自分が車のときは何も感じませんが、歩いているとチョットした恐怖心を覚えます。

東高瀬川や琵琶湖疎水沿いの道を歩き伏見に向かいます。
a0003032_23485831.jpg

9:25(スタート後:1時間52分)
ふと東を見ると、彼方の山上に伏見桃山城が見えました。


****************************
次は、マルの40km その2(順調に!快調に!!編)へ続きます。
[PR]
by maru_kyo | 2004-09-19 23:47 | walk! maru walk!
マルの40km その1(不安な出発編)の続きです。
****************************

伏見 大黒寺近くの民家の軒先で見た花です。
a0003032_23342394.jpg

9:36(スタート後:2時間3分)
よく見かける花ですが、名前がわかりません。

伏見の街の中心です。
a0003032_23343825.jpg

9:42(スタート後:2時間9分)
大手筋商店街と言います。

幕末維新ゆかりの宿『寺田屋』です。
a0003032_23345550.jpg

a0003032_23351385.jpg

9:46(スタート後:2時間13分)
坂本龍馬ファンの方など、多くの観光客が居ました。
この近くにはマルの好きな地ビールがあります。

寺田屋前の宇治川派流船着場『伏見港』です。
a0003032_23353555.jpg

9:48(スタート後:2時間15分)
江戸時代には三十石舟が行き来していましたが、今は十石舟による観光が行われています。
この派流沿いの柳の下を少し歩きました。

伏見は酒造りの町。
a0003032_23355111.jpg

9:53(スタート後:2時間20分)
左手に見えている板塀は、大手酒造会社の工場・酒蔵です。

『伏見奉行所跡』の石碑。
a0003032_23401420.jpg

9:59(スタート後:2時間26分)
同所は、戊辰戦争時に新撰組が拠点としました。
今は公営住宅になっており、この石碑以外に当時を偲ばせるものはありません。

『御香宮』です。
a0003032_23363252.jpg

10:04(スタート後:2時間31分)
神功皇后ゆかりの神社で『ゴコウノミヤ』というのが正しい読み方ですが、
一般的には『ゴコウグウ』と読みます。
薩摩軍はココに陣取り、さきほどの伏見奉行所に対して砲撃しました。

『桃山御陵』です。
a0003032_23365896.jpg

10:11(スタート後:2時間38分)
狭義には明治天皇の桃山陵を指しますが、
広義では、天皇に殉死した乃木将軍を祀る乃木神社神域あたりも含めた
この桃山そのものを指します。
宮内庁の管轄する土地が多く、当然、開発等は一切されておらず、
原生林のような趣きです。


****************************
次は、マルの40km その3(忍び寄る影編)へ続きます。
[PR]
by maru_kyo | 2004-09-19 23:35 | walk! maru walk!
マルの40km その2(順調に!快調に!編)の続きです。
****************************

明治天皇桃山陵のすぐ隣は、『桓武天皇柏原陵』です。
a0003032_2322494.jpg

a0003032_23222760.jpg

10:20(スタート後:2時間47分)
桓武陵の入り口からは、伏見桃山城天守閣が見えます。
この辺りになると、だいぶ人もまばらになってきました。

桃山を下り、琵琶湖疎水沿いを歩きます。
a0003032_23224498.jpg

10:36(スタート後:3時間3分)
先ほど伏見で見たのと同じ花ですが、日が高くなっているせいか、
もうシオシオノパ~です。(すいません、言いたかっただけです。)

疎水を渡る京阪電車です。
a0003032_2323888.jpg

10:40(スタート後:3時間7分)
学生時代は阪急沿線に住んでいたので、たま~に京阪電車のることがあると
『これって、あるくんより遅いわぁ~!』などと悪態ついていましたが、
こうしていざ競争になってみると、歩くのよりかなり早いですね。(当たり前!)

『伏見稲荷大社』に着きました。
a0003032_23232931.jpg

11:04(スタート後:3時間1分)
日本中のお稲荷さんの総本社として有名ですね。
ちなみに、ココの名物は...
a0003032_23235687.jpg

スズメとウズラの串焼きなんです。
一応、カヨワイ読者の皆さんを考慮して、なるべくヒキで撮りましたが、
実際カタチ的にはそのまんまですよ。
『スズメット!ウズラット!』

伏見稲荷内にある第2のチェックポイントです。
a0003032_23241693.jpg

11:08(スタート後:3時間5分)
ここで昼食休憩になりましたが、出てきたのが揚げ物や焼鮭などのフツーのお弁当でした。
この先歩くのにもたれないか不安だったので、
ご飯だけ食べてオカズはたべずに持って帰ることにしました。
11:15に再スタートしました。

コースはそのまま、伏見稲荷のイチバン奥の院へと向かいます。
a0003032_23245362.jpg

a0003032_23252338.jpg

11:15(スタート後:3時間42分)
有名な千本鳥居をくぐって、石段を上がっていくのですが、
これが、ヒジョ~にツライ!通路が狭くて、そのうえキツイ登り。
マルは油モノ食べなかった。それでもこんなにツライ!
全部食べたオッチャン連中は大丈夫なんでしょうか?

ようやく頂上の『四つ辻』に到着。
a0003032_23253816.jpg

11:33(スタート後:4時間ちょうど)
昼食後、約20分ずっと登りっぱなしで、完全に息が上がってしまいました。
ココで座って一息つき落ち着いたので『もう大丈夫!』と思ったのですが、
実はこの後、最大の難関が待っていたのです。
『登ったら下らなくてはならない』と言う当たり前のこと。
しかし、これが石段ではないキツイ勾配の下りの山道が2kmほど続きました。
このときに、身体が前に前に進むのを足に力を込めて踏ん張っているうち、
マルの身体に大問題がおきていたのです。

山を下りきって『泉涌寺』に着きました。
a0003032_23255617.jpg

11:53(スタート後:4時間20分)
ココは明治時代に神仏分離が行われるまで天皇家の『菩提寺』だったので、
通称『御寺(ミテラ)』と呼ばれています。
a templeではなく、the temple(唯一無二の寺)ってことですね。
いまでもこの近くの東山(月輪・鳥野辺地域)には、天皇家の火葬塚が多く残ります。


*************************
次は、マルの40km その4(苦闘編)へ続きます。
[PR]
by maru_kyo | 2004-09-19 23:24 | walk! maru walk!
マルの40km その3(忍び寄る影編)からの続きです。
*********************************
今熊野の陶芸地区を抜け、『京都女子大(通称:キョウジョ)』前の通まで来ました。
a0003032_23102726.jpg

12:15(スタート後:4時間42分)
これは『イル・パッパラルド』というトラットリアです。
今、京都を代表するイタリアンシェフ『イル・ギオットーネ』の笹島氏が、
自分の店を持つ直前まで腕を振るっていたお店です。
今日も満員でした。

東大路通をずっと上り五条を越え右に入れば見えてきました。
a0003032_23105420.jpg

12:28(スタート後:4時間55分)
『八坂の塔』です。正確には『法観寺』というお寺なのですが、
やはり『八坂の塔』の知名度が圧倒的に上です。
笹島氏の『イル・ギオットーネ』はすぐソコにあります。

『高台寺公園』の第3チェックポイントを出れば、そこは『ねねの道』です。
a0003032_23112379.jpg

12:36(スタート後:5時間3分)
とても観光客の多いところなのですが、この頃マルに問題がおきていました。
先ほどの伏見稲荷山からの長くて急な山道を下りてくる間に、
マルの両足のカカトと指の付け根ほぼ全体が大きなマメになってしまって、
地面に足を着けることがかなり苦痛になってきました。
心肺的にも筋力的にもまだ余裕があるのに、一歩一歩がツラクなってきました。

痛みをガマンしつつ『円山公園』に入りました。
a0003032_2311475.jpg

12:40(スタート後:5時間7分)
春はあんなに美しい『八坂の枝垂れ桜』(くわしくはカテゴリ『京の桜』参照)も、
この季節はこんなに暑苦しく、余計に気分が滅入ってきます。

八坂の石段を下り、祗園を抜けます。
a0003032_23125256.jpg

a0003032_23132261.jpg

12:47(スタート後:5時間14分)
痛みにイライラして、『このあたりは昼間来るところとちゃうでぇ!!』と、
かなり悪態をつきながら。

四条大橋のたもとから、鴨川へ下ります。
a0003032_23134311.jpg

12:52(スタート後:5時間19分)
川では、投網をうって鮎などを取る漁師を見ました。
ここから川沿いを南下し五条通へ向かいます。

五条大橋では『弁慶と牛若丸』を横目に見つつ通過します。
a0003032_2314973.jpg

13:03(スタート後:5時間30分)
いい加減な写真でごめんなさい。かなりテンションが下がっている頃なんです。
ちなみに、牛若丸の頃の五条大橋はこの一つ上の団栗橋です。

五条通を3kmほど西へ進み『光徳公園』で第4チェックポイントを済ませ、『壬生寺』に着きました。
a0003032_23143212.jpg

13:37(スタート後:6時間4分)
やっぱり観光客多いですね。
この隣の八木亭に至っては入館待ちの大行列でした。
ちなみに、マルはこんな『誠コース』なんて参加していますが、
新撰組とはあんまり相性が良くないんです、ごめんなさい。

四条通を越え大宮通を上り『三条通商店街』に出ました。
a0003032_23145431.jpg

13:55(スタート後:6時間22分)
伏見の大手筋と同じく、ここも京都を代表する大きな商店街です。
夏には縁日も行われます。
...で金メダルの人、ここなん!?

**********************************
次は、マルの40km その5(最終編)です
[PR]
by maru_kyo | 2004-09-19 23:13 | walk! maru walk!
マルの40km その4(苦闘編)からの続きです。
****************************
御池通に面した『神泉苑』です。
a0003032_2301811.jpg

14:01(スタート後:6時間28分)
この庭園の池は京都の先史時代からの湿地がそのまま残されていると言われています。

そして1筋上ると『二条城』です。
a0003032_232322.jpg

14:04(スタート後:6時間31分)
西南櫓の写真ですが、もうどうしようもなく適当です。
両足の痛みをかばいながら歩き続けたために、股関節にも痛みが出てきてしまいました。
学生時代ラグビーの練習でムリしすぎて良くやったパターンなのに忘れてました。
ペースが落ちてきて、ぽつぽつオッチャン連中にも抜かれだす始末です。

『二条城』の後、特にこれと言ったポイントもないまま御池通を3kmほど西行、
さらに天神川通を下がりました。
a0003032_2323811.jpg

14:45(スタート後:7時間12分)
このあたりも春はキレイなんですけどね、今の時期はイヌの散歩ぐらいです。

それでも、ようやくゴールが近づいてきました。
a0003032_233322.jpg

14:55(スタート後:7時間22分)
『あと600mです』って、中途半端な距離感にテンションが上がるような下がるような...。

来た来た!!スタート以来の『西京極アクアリーナ』です!!
a0003032_2341089.jpg

a0003032_2343771.jpg

a0003032_2345817.jpg

15:00(スタート後:7時間27分18秒 途中休憩含む)
いや~!ゴール!!よかった~!!
ゴール地点のチェックポイントのスタッフの女性たちがキチンと立って、
全員で『おつかれさまでした~』と挨拶してくれたのがうれしかった。
コンビニやファミレスとは比べものにならない気持ちよい挨拶でした。
久々に『女の子ってエェヤン!』と思いました。

今日の教訓
『人間、弱ってるときはホレやすくなる』...ではなく、
『来年は服装や体調を整えて参加する!』
来年は7時間を切るぞ!!
[PR]
by maru_kyo | 2004-09-19 23:03 | walk! maru walk!