桜餅に恋をして        『ホゥ...』


by maru_kyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:日本史の問題( 7 )

井真成

この1年の間に発見、発明されたことなどから、
近々の一般教養系試験問題に出そうな事柄を考えてみました。

今日のテーマは『井真成』。
2004年10月のこと。
中国 西安で、遣唐使節としてと訪中した若い日本人留学生が、
そのまま唐で官職につき、若くしてなくなったことを示す墓誌が発見されました。
およそ1200年ぶりの発見は大きな話題となり、
先月には、その墓誌が愛知万博の中国館に展示されています。

<墓誌大意>
「彼は、生まれつき大変才能があり、日本という国から派遣されて来た。
唐でもその才能を認められ、役人となったが、やはり他人より優れていた。
36歳にして西安で亡くなった。
玄宗皇帝は、その死を大変悲しんで、葬礼を行い手厚く葬った。」


関連したテーマとしては以下のとおりです。
・「井真成」の正体
⇒「井真成」と言う名前について、その意味については大きく3つの論点に分かれています。
①本人の日本語名を、唐代の中国人が聞き取り、音に合う漢字をあてた。
②本人が名乗った中国名。または、皇帝などから下賜された中国名。
③本人の日本語名の漢字に由来するもの。
どの説においても未だに確たる証拠はありませんが、大阪府藤井寺市では、
③の考えから、その正体を地元豪族出身の
「葛井真成(カドイ・マナリ)」であると主張しています。

墓誌の中の、彼の活躍ぶりを示す記述については、
「文字通り優秀な若い貴族だった」とする説と
「亡くなった人に対する決まりきった褒め言葉」とする説があり、収束を見ません。
いずれにしても、彼の正体については、現在日中歴史学者間の最も熱いテーマです。


・唐:都 長安(西安)の繁栄と玄宗皇帝の治世
西安と言えば、当時 唐の都 長安として、まさに世界第一の都市として栄えていました。
そこには、中国人(漢人)のみならず、朝鮮人、ペルシャ人、インド人、ローマ人、そして日本人など、世界中からエリートや商人たちが集まっていたと言われています。
都市としての長安城は、平城京やのちの平安京よりもはるかに大きな京域を持ち、
それらの日本の宮城都市計画に大きな影響を与えました。

時の皇帝は、第6代 玄宗(隆基帝)でした。<在位 712年~756年>
その前半治世は唐の国力を増大させ、開元の治と呼ばれる唐の最盛期(盛唐)を飾ります。
しかし、後半は、楊貴妃を寵愛し、彼女の一族ばかりを重用したため政治は大いに混乱、
755年には安史の乱をまねき、762年に没しました。

・遣唐使制度 その起源と終焉
⇒遣唐使は、聖徳太子による小野妹子派遣から始まる遣隋使に端を発すると言います。
遣唐使の廃止を上申したのは菅原道真でした。
「わが国も国力が富み、もはや衰退気味の唐から学ぶことはない」
と言うのがその理由といわれていますが、
実は道真自身が遣唐使として派遣されそうになったので、
渡海の危険を感じて建白したと言う俗説もあります。


・阿倍仲麻呂の半生と歌
⇒これまで、派遣先の唐で客死した人物と言えば、安倍仲麻呂でありました。
仲麻呂については、唐側にも資料が多くその半生に疑いの余地はありません。
唐で玄宗皇帝にその才能を気に入られ、20年以上も高位の官僚として仕えますが、
あまりの気に入りぶりに帰国を許されません。
皇帝の没後、ようやく帰国の途に着きますが、乗った船が暴風雨で遭難し、
唐へ戻されてしまい、二度と日本の土を踏むことはなかった、
と言う、悲劇の秀才として知られてきました。

仲麻呂が、唐から日本を懐かしんで詠んだと言われる歌です。
『天の原 振りさけ見れば春日なる 三笠の山に 出でし月かも』


・「日本」という国号
⇒墓誌には、井真成が日本」から来たと記されています。
これは、「日本」という国号が登場する歴史上最古の記録です。
当時の中央集権化の過程を示す手がかりとなります。

今日の歩数:??,???歩(powered by Pocket Pikachu←付けわすれ)
[PR]
by maru_kyo | 2005-06-06 23:44 | 日本史の問題

日本史の問題3.8

今日は美術行きましょうか。

<江戸時代流行絵師>
次にあげる京都ゆかりの3人の絵師(画家)に対応する略歴をそれぞれ選べ。

人名:
  a.圓山応挙
  b.尾形光琳
  c.伊藤若冲

略歴:
 ア.1658年、京都の高級呉服商の次男として生まれる。
   道楽を好み家財を使い果たし、40歳代から絵師として江戸へ。
   のち京都に戻り、宗達らの画風を受け継いだ装飾的な画派の祖となった。
   遊芸で磨いたセンスを作風に生かした。1716年、59歳で没。
   代表作<紅白梅図屏風>。次弟は、陶芸などで名を残す。
a0003032_034381.jpg


 イ. 1716年、京都の青物問屋に生まれる。
    家業を継いだが40歳で隠居し、その後は絵画を描く日々を過ごす。
    生活には困らなかったため、自らの感覚に基づいた独自の画風を築く。
    晩年には天明の大火に遭い、1800年、84歳にて没。
    代表作<南天雄鶏図>をはじめ、細密な描写、華麗な色彩の花鳥画を
    得意とした。
a0003032_0422425.jpg


 ウ.1733年、丹波国亀山(現:京都府亀岡市)の農家に生まれる。
   若い頃、京都の玩具商に奉公し、西洋的な透視画法を学んだと言われる。
   写生的な画風を基本にしながら、様々な工夫や試みをも取り入れ、
   四条界隈に寓し、公家、町人などに幅広く好まれた。1795年、62歳で没。
   代表作<大瀑布図>。多くの門人を残し、写実的な画風の一派を築いた。
a0003032_0425967.jpg


More
[PR]
by maru_kyo | 2005-03-09 00:41 | 日本史の問題

日本史の問題3.7

今日は何しましょう?
チョット気分を変えて、古代はいかがでしょうか?


<古代>
問題.
縄紋時代の『縄紋』とは、土器表面につけられた縄の文様から付けられた名前です。
では、弥生時代の『弥生』の名前の由来はなんですか?

More
[PR]
by maru_kyo | 2005-03-07 23:53 | 日本史の問題

番外編

眠れないので番外編を出題。
理数もヤバイと言っていたので、算数の問題を一つ。

問題.
a地点に垂直に棒を立てました。
a地点から800km真南に行ったb地点にも、同じく垂直に棒を立てました。
ある日のちょうど正午、a地点の棒にはまったく影ができませんでした。
同じ時刻、b地点の棒は、7度の影が射しました。

以上のコトから、地球の周囲の長さを求めてください。

解答はコチラ
[PR]
by maru_kyo | 2005-03-01 02:05 | 日本史の問題

日本史の問題2.28

今日は鎌倉時代というか、平安~鎌倉時代への変遷期、
平家物語の時代から問題です。

<源平屹立の時代>
問題.
平清盛が政権を握ると、平家一族は鴨川左岸の四条から七条あたりに広がる
六波羅の地にこぞって屋敷を構え、政権の拠点としました。
六波羅は、洛中から目と鼻の先でありながら、
広大な空き地が広がっていたからなのですが、
なぜ、平安貴族や庶民はこの地に住まなかったのですか?

解答はコチラ
[PR]
by maru_kyo | 2005-03-01 00:29 | 日本史の問題

日本史の問題2.27

今日も鎌倉時代がイイんですか?
では。

<鎌倉時代>
問題.
鎌倉幕府において、源氏将軍が三代で滅亡したのち、
北条氏は他のライバル御家人たちを攻略し、独裁体制を築きました。
北条独裁体制における『執権』と『得宗』の違いを説明してください。

解答はコチラ
[PR]
by maru_kyo | 2005-02-28 01:30 | 日本史の問題

日本史の問題などなど

個人的に『日本史の問題を出して』と頼まれたので、
この場を借りてカテゴリも新設し、しばらく問題を出そうと思います。
基本的な項目について出すつもりなので、関心のある方はお付き合いください。

<仏教など>
問題
比叡山延暦寺のことを、『北嶺』、『山門』などと俗称しますが、
それぞれどのような意味ですか。説明してください。

解答は、
[PR]
by maru_kyo | 2005-02-27 02:17 | 日本史の問題