桜餅に恋をして        『ホゥ...』


by maru_kyo
カレンダー

<   2004年 03月 ( 88 )   > この月の画像一覧

父さん。

今日で仕事を退職したそうですね。母さんからのFAXで知りました。永い間、本当にお疲れ様でした。私たち兄弟は、いつもあなたの背中を見て育ちました。あなたが、朝早くから夜遅くまで、日本各地やNYなどで働いてくれたおかげで、私たちはここまで来たのです。でも、私はとても親不孝な息子です。もう私が家に連絡をしなくなって何年たったでしょう。3年前、父さんの還暦祝いのときにも顔を見せることもできませんでした。そして、今日も父さんに言葉一つ掛けることができません。気が付けば、私もすでに31歳、私が生まれたときの父さんと同い年になりました。今の私には、その頃の父さんのように一家を背負っていくような器量はとてもありません。今年の秋には弟も結婚するそうですね。これからは、二人で好きな旅行を楽しんでください。父さん、そして母さん、本当にありがとう。これからもお身体を大事に過ごしてください。
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-31 22:50 | マルの...

川端散策で

a0003032_233056.jpg
あたらしいカフェを見つけたので入ってみた。


スフェラというお店、今流行の町屋ではなく、定番の打ちっぱなし系ビルです。
奥行きは、ドーンと深くて、かつ、テーブル数は抑えた贅沢な間取り。
しかも、よくよく見たら知る人ぞ知る『リコルディ』がやってるんです。

1Fのカフェは、煎茶と和菓子のセットとかがメインになるみたい。
なんだか、隠れ家を発見した気分です。
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-30 23:31 | 京都もの
a0003032_22465.jpg
お気に入り花見スポット

さっきアップした今夜の桜は雨にぬれて悲しげだったので、今度は元気の出るような桜をアップします。

これは、こないだの日曜日、京都 三条大橋近くの鴨川端に咲いていた、ピンクでフリフリな桜です。

どうですか?見てるだけで、春を感じて元気出ませんか!?

京都在住maru's spiritsのマルでした。

桜Blog~Cherry BLOGsom~
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-30 22:42 | 京の桜(京都もの)
a0003032_222122.jpg
お気に入り花見スポット

マルの家の近く、京都 西大路沿いの平野神社です。

今日の京都は、残念ながら天気予報どおり、午前中から夕方すぎまで雨が降っていました。なので、いつもはにぎやかな平野神社も今夜は花見客も少なめでした。

明日は天気も良いようなので、きっと皆さん盛り上がってることでしょう!!

京都在住maru's spiritsのマルでした。

桜Blog~Cherry BLOGsom~
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-30 22:22 | 京の桜(京都もの)

monica

a0003032_04153.jpg
京都 北野などにあるケーキ屋さん、monicaさんのケーキです。

これは、芋栗かぼちゃのプリンタルトです。

芋、見えてますよね。

甘いです。でも、素材の柔らかな甘みなので男のマルでも食えます。
うまうま!
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-30 00:42 | たべもの
a0003032_02353.jpg
お気に入り花見スポット

実際の花見風景はこんな感じです。

京都在住maru's spiritsのマルでした。

桜Blog~Cherry BLOGsom~
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-30 00:24 | 京の桜(京都もの)

南禅寺山門にて

a0003032_01151.jpg
く:サクラ キレイラシイヨ...

チ:ソウラシイネ...

く:ミナイノ...?

チ:クマチコソ...!

『きみたち、花より...!?』

くチ:メンタイフランスパンッ!!
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-30 00:12 | くまちとチーサー
a0003032_233345.jpg
お気に入り花見スポット

京都の花見といえば、何はなくともココ、
祗園 八坂神社 円山公園の枝垂れ桜、それも夜桜でしょう。

これは、今夜の姿です。
昨日の昼間に見たときは3分咲きくらいでしたが、今夜はもう5分咲きかと思う咲き振りです。

明日の京都は残念ながら雨のようですが、
ぜひ皆さん、機会があればこの桜を見に行ってください。

京都在住maru's spiritsのマルでした。

桜Blog~Cherry BLOGsom~
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-29 23:24 | 京の桜(京都もの)

そういえば

最近、あまり話題に上がらなくなった『豚丼系』のコトですけど。

先日、食べる機会がありまして、某チェーン2系列の『豚丼系』を食べましたが、
...個人的な感想で言うと、『評価対象外』ですね。

『アメリカ産牛肉に合わせた味作りをしてきたので、オーストラリア産牛肉では、牛丼は作れない』なんて言う理由がありましたけれど、マル的にはそんなコト言えたレベルではなかったように思います。
冷凍肉丸出しのパサパサ感と、真剣に相性を考えたとは思えない牛丼の時と全く同じ野菜選び、この程度の完成度では外食として評価できる代物ではなかったと思います。牛丼はもっと食べられるものだったのね。

別に、冷凍肉使うなとか言ってるわけではなく、『つなぎの品』としてではなく、せめてもうチョット『自社商品』としてのプライドを持って何とかしてほしかったなァ。

しかも、最近のテレビを見ていると、『こうすれば、不味いオーストラリア産牛肉も何とか食える』的な内容があったりするけれど、マル的に言えば、広大な牧場で牧草だけを食べて育ったオーストラリア牛肉・タスマニア牛肉は、アメリカ産と比べ物にならないほど肉味がしっかりして、その上、安全で高品質な牛肉だと思うんですが。しかも、価格帯も決してアメリカ産と比べて高いわけではないですし。

まあ、霜降りの脂ばっかり肉が好きな人にはその良さがわからないでしょうね。でもね、はっきりいって不当に低い評価ですよ。
ひとえに、某チェーンの例の発言の影響ですね。
本当は、その発言もオーストラリア産は『合わない』と言っただけで、『まずい』とは言ってないんですけどね。
タイ米騒動の時を思い出す社会の風潮ですね。

それに、タイ米といえば、このオーストラリア産牛肉ネガティブキャンペーンの裏には、タイ米の時と同じく、アメリカ農務省の工作が働いてると考えて間違いないでしょうね。
アメリカ産牛肉輸入再開のときまで、あくまで日本牛肉市場は『不足』していてくれなければ、自分たちの牛肉市場が縮小してしまうことになり、もし仮にオーストラリア産牛肉にその市場シェアを奪われてしまえば、今度の大統領選挙で、膨大なアメリカ人農業従事者の票を失うことになるわけですから。
そういう意味では、日本向けの霜降り牛肉なんて、ヨソの人たちにとってはまずくて食えたもんじゃないことを、ほかならぬアメリカ政府や国民がよーく知ってるということですね。
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-29 11:40 | たべもの

マリネラか!

寒いのが苦手なので

マリネラいいよね。
常春だもんね。いいよね。

しかも、マリネラって税金ないんだってさ。
ダイヤモンド産業で国が潤ってるから。
オイルマネーの国とかボルネオみたい。

主要産物は『美少年』らしい。
これは、マルには全く関係ないけど、女性には魅力か?

でも、ちなみにバミューダトライアングルのど真ん中にあるらしいよ。
ちょっと、遠いね。
[PR]
by maru_kyo | 2004-03-29 00:28 | 見もの