桜餅に恋をして        『ホゥ...』


by maru_kyo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今日は

こんなイベントに遭遇しました。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
クサい食品たちと対決(試食)して豪華賞品をゲットしよう!



やったんか!?



はい、ヤリやした。



この手のイベントに遭遇すると、思わず参加するようになったんは、日記を公開するようになってからかも。


『お次の方、どうぞ!』
イベントコンパニオンの女の子が持ってきた。
名づけて『SMELL BIG5』。腐臭5人衆。

一切れ(一かたまり)ごと、スプーンに盛り込まれ登場。

maruの向って左から

・日本代表の「クサヤ」
→言わずと知れた伊豆名産 独特の漬込み液に浸した鯵の干物

・マレーシア代表の「ドリアン」
→フルーツの王様はにおいもキツイ!

・中国代表の「腐乳」
→豆腐を発酵させたモノ。麹の赤色が毒々しい。

フランス代表の「エポワスチーズ」
→チーズのニオイも好き嫌いが激しい!

フィリピン代表の「カピソース」
→アミ海老の塩漬け。これだけはキュウリに添えてあった。


コンパニオンさんのアドバイス。
『左二つのくさや・ドリアンがキツイので、鼻を摘まんででも食べていただいたら、アトは...』


ヒョイ、パク!
ヒョイ、パク!!
ヒョイ、パク!!!
ヒョイ、パク!!!!
ヒョイ、パク!!!!!
はい、完食!

『え!スゴイ!とっても早いですよ!』
コンパニオンさんは、褒めているのか、ヒイているのか...


だってね、
実はmaruは泊まっているホテルの空調と合わず、風邪気味。
ほとんどニオイ感じへんねん。

腐乳とカピソースは、塩分がキツくて、そっちの方がツラかった。
ドリアンとチーズにいたっては、ウマかった。
おかわりくれってくらい。



『では、完食されたので、こちらの抽選をどうぞ!』
よっしゃ!
空気清浄機も詰め合わせも、いらん!
ねらうは、ローマ旅行!


ガララララ...










コロン!











『残念でしたぁ~』


あ、やっぱりね。そらそうやわ。
でも、ニオイたいしたことなかったし、日記のネタができてよかった!


と!







こ!!








ろ!!!







が!!!!






ぐはっ!






ゲップが!!






たまらなく!!!






ク!





サ!!




イ~~~~~!!!


なんやろう、今までに嗅いだこと無いニオイ!
生煮えの雑炊みたいなニオイというか、
maruの胃の中にカメムシがいるかのような...



それ以来、周りの人の視線が気になって!気になって!!

明日のアポは大丈夫かいな...女神様?
a0003032_21564642.jpg

[PR]
by maru_kyo | 2005-09-19 21:57 | 旅行もの
今日は、まず上野。

ガード下やアメ横で食欲を満たした後は、
上野山の東京国立博物館に行って、日本古来の美を堪能。
a0003032_120951.jpg

法隆寺宝物館で見た飛鳥仏の数々は、厳しい表情の中に安らぎを感じたなぁ。


夕食は、目黒駅近くの、とあるフレンチレストランでいただいてん。
a0003032_1305470.jpg

今日いただいたのは魚メインのコースやけど、オードブル・メインディッシュ、
とにかく、思わずビックリするぐらいのボリュームやし。味ももちろん大満足。
しかも、こちらが思わず聞き返してしまうほどのリーズナブルな価格。
スタッフの女性も『この価格設定で大丈夫なのかなと心配に思うコトも...!』とおっしゃるほど良心的なお店やった。
帰りがけにシェフとお話をさせて貰ろたけど、『食文化を伝え、さらに発展させる』と言うコトに対する信念をヒシヒシと感じた。日本中の料理人がコチラのシェフみたいならエェなぁ。


さて、本当におなかイッパイになったので、歩いて帰ろうとプラプラしていると、
やがて視界に入ったオレンジの物体。
『歩いて行ってみるか!』
ケータイのナビウォークを頼りに歩くこと2時間半。
着いた。
a0003032_1334066.jpg

数組のカップルと並んで、中秋の名月を楽しんだよ。
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-19 01:33 | 旅行もの
昨日はつくばエクスプレスに乗って、茨城県の守谷へ行ってきました。

なんで?
はい、ソコはmaruが幼稚園~小学校時代を過ごした街。
20年ぶりの帰郷です。

駅を降りてビックリ!『ドコここ!?』
見慣れた風景と全くの別モノ。
というか、古くて田舎くさかったとは言え、タクシー待合所、自転車置き場など、
昔ながらの「駅前風景」があったのに、駅周辺半径約1kmにはナンにもない。

a0003032_17283257.jpg

あるのは駅舎とバスターミナルだけ。再開発で撤去されちゃってるのね?
でも、事前の調査によれば、駅の場所は変わっていないハズ。

とりあえず、レンタカーを借りて町を散策。

昔住んでいた家を見に行く。回りはじめてスグに気が付いた。
『駅からココまでこんなに近かったっけ?』
小学生の身長140cm歩幅50cmくらいまでの頃の距離感と、現在の距離感のギャップ。

イチバン最初に出てきた見覚えある場所。
a0003032_17342960.jpg

近所のグランド、小学校時代はココでソフトボールをやってましたねぇ。

昔住んでいた家もありました。
周辺の風景はダダ変わりしてましたが、隣近所さんにもいくつか見覚えのある名前が。
俺の同級生たちはきっと結婚などで家を出ただろうけど、親御さんが残っているんだね。



それから、小学校へ行くと、なにやら中へ入れます。
どうやら、ちょうど運動会をやっていたのです。
小学校は、古びているものの、ほとんどが当時のマンマ。
a0003032_17271985.jpg

昔、当番で世話をした鶏小屋までそのマンマ。
運動会の鼓笛隊のドラムマーチもそのマンマ。
いや、鼓笛隊の衣装までそのマンマ。
あれ?優勝トロフィーに『昭和57年度 優勝 赤組』の文字。
a0003032_1727535.jpg

これもそのマンマ!?


いつのまにか、昨日まで通っていたように色んな記憶がよみがえってきました。
覚えているものですね。
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-18 17:31 | 旅行もの
今日は、午前中都内にいて、午後から小旅行。
神奈川の大磯まで。

品川から東海道線の普通電車に乗って一時間ほど。
でも、普通電車でもグリーン車が付いてるねん!しかも2階建て電車!
こんなん関西にはないよなぁ。
快適空間で、とっても『リッチなランチタイム』を過ごせたわぁ~!!
a0003032_2348289.jpg

でも、大磯って、いわゆる湘南でしょ?ショウナンです。(サブっ!)



2階建てやし、眺めエェやろなぁ~!
もうすぐ、『サザンな風景』が見えてくるんやろうなぁ~!

ケータイをデジタルミュージックプレイヤー代わりにして、
かける曲は、もちろん『勝手にシンドバット』

『江ノ島が見えてキタぁ~♪』
...見えへんでぇ!?

『今何時?そうね大体ね~!』
...チョット約束の時間に遅れ気味~♪(←笑いゴトではない!)


そうこうするウチ、大磯に到着。おっかしぃなぁ...
駅を降りると、ソコには『湘南発祥の地 大磯』との看板が。
湘南って、発祥したり増殖したりするもんですかい・・・!?軽い疑問を抱きつつ。


訪ねたのは、とあるコーヒー豆販売店さん
お店の中に設けられた喫茶席でおいしいコーヒーをいただきながら、
a0003032_0224787.jpg

店主さんとイロイロお話させていただきました。
店主さん、それに奥さん。とっても、やさしい人柄で、すっかり癒されました。

でも、店主さん・奥さんからとっても衝撃的なお言葉が。
もしや、あんな言葉を聞くことになるとは...




『あの、








大磯は、









いわゆる









湘南じゃないですよ!



マジっすか!
ちゃうんすか!
ホンマ、ショウナンっすか!


...そんな心の痛手は秘めつつ(大げさ)、京都へのオミヤゲに豆を買って帰るコトに。

『どんな感じのモノがいいですか?』
そうですねぇ。あの、チョコレートを食べながらに合うようなのがいいです。
『じゃあ、チョコレートの甘みを引き立てるような深煎りのブレンドにしましょう。』

すごい!さすがプロの方!
食べ物やシチュエーションに合わせたコーヒーを紹介してもらえるなんて、
ソムリエとかバーテンみたい。かなりうれしいサービス!
いつも何とはなしに飲むコーヒーに、
「今日はチョコを食べるから、この豆を」とか目的付けできたら、コーヒーを飲む楽しさも増えるよね!

見送っていただき店を出て、お二人に聞いた道を通って目指すは、海岸。
a0003032_0253895.jpg

maruの心にはサザンのバラッド『夏をあきらめて』

『江ノ島が遠くに ぼんやり出てる~♪』

やぱ、大磯は湘南ですよ!
ステキな人たちのいる、ステキな街です!
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-17 00:33 | 旅行もの
東京 御茶ノ水駅から、神田川を渡り、神田明神の鳥居をくぐったトコにあるビジネスホテル。雰囲気は好き。

a0003032_224176.jpg

a0003032_2244668.jpg

a0003032_2252324.jpg


しかも、神田明神には、俺の郷土の英雄 平将門が祀られている。

なんか、守られてる気ぃがする!
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-15 22:06 | マルの...

おはようございます

a0003032_8123350.jpg

いってきま~す
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-15 08:12 | お出かけマル(ケータイ投稿)

大黒摩季

香港の友人、Ding-Dongのブログからトラバ。

大黒摩季

さて、彼女の日記の内容は、大体こんな感じ。(所詮、maruの英語力なんで、「翻訳」とは言えへんけど...)

「大黒摩季

香港では大黒摩季は有名やねん、だって、アニメ”スラム ダンク”が、めっちゃめっちゃ人気有ったからさ。今でもめっちゃ有名やで。
最近、DVD”スラム ダンク”が再発売されて、そやから、”あなただけ見つめてる”をよう聞くよ、アニメショップ店内歩いてるときに。
それから”チョット”は香港でイチバンの女性歌手によって広東語に翻訳されたてん。めっちゃ有名、ホンマにたくさんの人が”大黒摩季”を知ってるよ。
もちろん、ウチも好きやで。

”大黒摩季”はmaru_kyoにとってスーパーアイドルやな。
maru_kyo、ウチは”DA・KA・RA”聞いてから、これもメッチャ好きになってん。
CDも探してみてん。でも、昔のCDやし、買えへんかった。
そやし、ウチは(アルバム)「BACK BEATs #1」を(ネット)オークションで買うてん。
コレは中古やったけど、ウチはメッチャうれしかった。
どの曲もみんなエェわ、ウチのお気に入り。
オススメしてくれてありがとね。

大黒さんは、今は新しいCDを出してへんけど、彼女は結婚して幸せなんやね。
ウチも幸せやで。」



途中からmaruが出てきてちょっとびっくりやけど、読んでる人にはなんのコトかワカラヘンかな?

実は以前、Ding-Dongさんが日本に家族旅行で来たときに、京都案内をしたことがあるねん。
そのとき、maruの車のカーステでかけたのが、大黒摩季。
そしたら、Ding-Dongさんと弟くんが「コレ知ってる!スラムダンク!」って言うたから、そのときに、ベストアルバム”BACK BEATs #1”買ったらイロイロ入ってるよ。てすすめてあげてん。Ding-Dongさんは、そのことを書いてるねん。

広東語では大黒摩季は「ターハイ モークワイ」と言うらしい。
昔見たNHK-BSの大黒摩季特集で、本人がそう言ってたのを覚えていたので、
『ターハイ モークワイだよね?』って言ったら、Ding-Dongさんと弟くんが、
「なんでそれ知ってるの!?」ってビックリしてたのがおもしろかったなぁ。

maru_kyoの友達にも、大黒摩季好きが多いから、イロイロ交流あるとエェなぁ。
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-10 08:24 | 見もの

京都人の好物関係で

Blog Liliale-シェフ・ブログ-様から、トラバいただきました。


普段ナニゲに使うけど、ようよう考えたら「なんでそう言うのん?」て思う言葉ありますやん。

ほんで、調べてみた。『鯖を読む』

                 ↓

語源由来辞典 鯖を読む(さばをよむ)


へぇ~!?こんな理由やったんやぁ~!(もちろん、知ってはった人は知ってはったやろうけど。)
どんな状況なんやろう...?


***************************

魚屋さん:らっしゃい!おおきに!


客:今日はナニがエェのん?


魚屋さん:かなんなぁ、ドコ見てますのん!?ほら、ソコにエェ鯖があるやないの!


客:おぉ~!秋鯖かいな!ほな、エェとこ15ほどもらおかぁ!


魚屋さん:おおきに、ほなすぐしまっさかい!ちょっと待っておくんなっしゃ~

      (ん? なんか、悪いニオイしよんど...!?なんやこれは...!?

(はっ!今まさに、腐ってきてるっ!?)

(あかん!バレんうちに売ってまえ!)


魚屋さん:イチニサンンンンン.....ジュサ、ジュシ、15!あいあい~!オオキニ~!


客:あぁ...うん...おおきに...


***************************


って、コト?
う~ん、人間のウラグロイとこから生まれた名言やったんやねぇ。

ちなみに、「魚篇に青」にあわせて、文字はブルーにしてみました。
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-08 20:42 | マルの...

生まれて初めて

ハンバーグを作ってみた。
ホンマに生まれて初めて作ってん、餃子やったらよう作るんやけど。


サッカー日本代表のホンジュラス戦と同時に作り始めた。キックオフ!


まず、タマネギの微塵切りを飴茶色になるまで炒めて、氷水で粗熱を取る。→①
a0003032_2302946.jpg

ようわからんけど、ココで急速に冷やした方が甘みが強く出ると思う。
コレは単にmaruの経験則なんやけど。


それから、全卵を溶いて、フランスパンを細かくちぎったモノを浸した。→②
a0003032_2305127.jpg

パンを入れるのは昔の家庭風のハンバーグやんね。田舎っぽく感じるかも知れんけど、maruは好きやなぁ。


木綿豆腐を水切りして、細かくおろす。→③
そう、これって豆腐ハンバーグ。これもなんとなく邪道っぽいけど、好きなんやなぁ。
ただ、豆腐ニガリの苦さをどう抑えるかは考えなアカンと思もた。


では、合挽きミンチに①②③を合わせて、さらにハーブソルト、ナツメッグ、ブラックペパーを加えて、よう混ぜる。
a0003032_2312274.jpg

フランスパンて、結構塩分キツイから、ハーブソルトは控えめにしてみた。
maruにとって、ナツメッグとブラックペパーは必需品。無いならハンバーグ作るな!て思うくらい。


a0003032_2314814.jpg

『混ぜて~♪混ぜて~♪混ぜて~♪混ぜきったところを...ド~ン!』
あ、キャシー塚本先生ですね。おつかれさま。



さて、maruは「ド~ン!」せずに形を整える。
水分が多い分やっぱり少し崩れてくるので、ラップでくるんでからしばらく冷蔵庫で落ち着かせることに。
a0003032_232272.jpg

ちょうど試合もハーフタイム。
あ、あんまり試合見てなかった...。


15分後、サッカーは後半開始。じゃ、maruも後半開始。...て、焼くだけ?
あ、いや。焼く前にソースの準備をしよ。

ソースのメインになるのは、こないだ友達から貰った梨。正確に言うと友達の「母上」からかな?
韓国風の焼肉のモミダレに梨が不可欠なのを応用しての大抜擢!
う~ん、大黒が初めて代表に選ばれたときみたい。まだ出てこないなぁ...大黒。
ニンニク、ショウガ、そして梨をすりおろしてソースの材料にする。
梨の風味を殺したくないので、白ワインを使って伸ばす。
それから、別にザク切りの梨を加えて、食感を楽しめるようにした。
a0003032_236123.jpg

これを全部ボウルに合わせておく。→④

じゃ、焼こう!
フライパンに牛脂をひいて、ハンバーグを静かに置いた。
a0003032_2364951.jpg

ジュウゥ~ いぃねぇ~!

さ、焼きあがったらお皿へ。

そして、肉汁の残ったフライパンに④を加えて、強火でソースに仕上げ、最後に粗塩。

お皿の上のハンバーグにかけたら出来上がり!
豆腐の苦味を和らげるために、削り節をふりかけたらいただきまうす!
a0003032_2325612.jpg



う~ん!ジューシー!
梨の風味と肉汁のコンビはやっぱりエェやん。
ただ、反省点としては、もうチョット塩味を効かせてもよかったんかな?
あと、色めが悪すぎた。一人暮らし長いから、味本位やねん...


まぁ、デビュー戦としては合格点ちゃうかな?
次の試合...ちゃうわ、次の機会ではもっとうまく作れそう。

あれ?サッカーどうなってたっけ???
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-07 23:02 | たべもの

blog from HK

maruのメール友達がブログを開設しました。

香港人のDing-Dongが開設したブログ、
Purple Rose Gardenです。

本人と弟、2人とも熱狂的なB’zファンで、ライブに行くことをとても楽しみにしています。
日本人の友達ができることを(そして、B’zファンならなおさら)とても喜びます。
よかったら、見に行ってあげてください。

基本的に、全文英語ですけど、たまに漢字とひらがななんかも入ります。
本人曰く、「私も辞書をひきながら英語で書いてる」とのことなので、
文法とかほったらかしで、とりあえずコメントしてあげてください。

maruは、メールでもいつもそんな感じです。結構伝わりますよ、同じ人間ですから。(笑)
あれ?ちゃんと紹介できたかな?
とにかく、maruの友達をこれからもよろしゅうに。
[PR]
by maru_kyo | 2005-09-07 05:46 | マルの...